優良産廃処理業者認定制度

優良な処理業者かどうかを客観的に判断するときの目安となる
「優良産廃処理業者認定制度」。

通常の許可基準よりも厳しい基準をクリアした優良な産廃処理業者を、都道府県・政令市が審査して認定する制度です。認定された産廃処理業者は、通常よりも長い7年間、産廃処理業の許可が有効となります。優良認定業者として認定されるためには、以下の基準のすべてに適合していることが必要です。

(1)実績と遵法性 5年以上産廃処理業を営んでいる実績があり、廃棄物処理法に基づく改善命令等の不利益処分を受けていない。
(2)事業の透明性 取得した許可の内容や産業廃棄物の処理状況、施設の維持管理状況など、一定の情報について、インターネットにより一定期間以上公表している。
(3)環境配慮の取組 ISO14001やエコアクション21等の認証を取得しており、環境に配慮して事業を行っている。
(4)電子マニフェスト 電子マニフェストシステム( J W N E T )に加入しており、電子マニフェストが利用できる。
(5)財務体質の健全性  直前3事業年度のうちいずれかの事業年度における自己資本比率が10%以上であることや、法人税等を滞納していないことなど、財務体質が健全である。

産廃情報ネットハチオウについて、「優良産廃処理業者認定制度」に係る公表事項は、財団法人産業廃棄物処理事業振興財団のウェブサイト「産廃情報ネット」においてご覧いただけます。

セミナー・勉強会

豊かな成熟した日本を考える会

会社概要

許認可・資格

産廃環境トピックス