許認可・資格

電子マニフェスト

収集運搬業者
加入区分加入者番号
墨田2006117
八王子2000641
処分業者
加入区分加入者番号
都心事業所3000636
西東京事業所3000637

環境マネジメントシステム

ISO14001 : 2015 登録番号 2013/1734

私たち株式会社ハチオウは、環境事業である廃棄物処理および資源リサイクルを通じて環境の保全に貢献します。
さらに都市部での廃棄物処理事業であることを認識し、 社会との共生をめざします。

環境マネジメントシステム登録情報
登録番号【2013/1734】

登録者名、登録場所
株式会社ハチオウ 管理本部
〒130-0004 東京都墨田区本所四丁目29番2
西東京事業所
〒193-0813 東京都八王子市四谷町1927番地2
都心事業所
〒130-0004 東京都墨田区本所四丁目29番2
神奈川事業所
〒252-0245 神奈川県相模原市中央区田名塩田一丁目2番11
登録月日
初回登録
1999年09月29日
改訂登録
2011年06月28日
更新登録
2017年10月26日
有効期限
2020年09月28日
適用規格
ISO14001:2015
登録範囲
産業廃棄物・特別管理産業廃棄物の保管積替えを含む収集・運搬、並びに事業系一般廃棄物の収集運搬、中和・脱水・焼却・無害化・溶融・不溶化等の中間処理及び銀回収、フロン類の回収、化学系廃棄物の管理支援

優良産廃処理業者認定制度

優良な処理業者かどうかを客観的に判断するときの目安となる
「優良産廃処理業者認定制度」。

通常の許可基準よりも厳しい基準をクリアした優良な産廃処理業者を、都道府県・政令市が審査して認定する制度です。
認定された産廃処理業者は、通常よりも長い7年間、産廃処理業の許可が有効となります。
優良認定業者として認定されるためには、以下の基準のすべてに適合していることが必要です。

実績と遵法性
5年以上産廃処理業を営んでいる実績があり、廃棄物処理法に基づく改善命令等の不利益処分を受けていない。
事業の透明性
取得した許可の内容や産業廃棄物の処理状況、施設の維持管理状況など、一定の情報について、インターネットにより一定期間以上公表している。
環境配慮の取組
ISO14001やエコアクション21等の認証を取得しており、環境に配慮して事業を行っている。
電子マニフェスト
電子マニフェストシステム(JWNET)に加入しており、電子マニフェストが利用できる。
財務体質の健全性
直前3事業年度のうちいずれかの事業年度における自己資本比率が10%以上であることや、法人税等を滞納していないことなど、財務体質が健全である。
産廃情報ネット

ハチオウについて、「優良産廃処理業者認定制度」に係る公表事項は、財団法人産業廃棄物処理事業振興財団のウェブサイト「産廃情報ネット」においてご覧いただけます。

産廃エキスパート認定・産廃プロフェッショナル認定

産廃エキスパート認定バナー

産業廃棄物処理業者のトップランナーの証、
「産廃エキスパート」に認定されました。

「産廃エキスパート」・「産廃プロフェッショナル」認定制度は、産業廃棄物処理業者の第三者評価制度です。
全国に先駆けて、東京都が平成21年10月に創設しました。
廃棄物の適正処理や資源化、環境に与える負荷の少ない取り組みを行っている優良な業者を(財)東京都環境整備公社が評価・認定します。

以下の3つを制度の目的としています。

  1. 排出事業者に信頼できる処理業者情報の提供
  2. 優良な処理業者の育成と適正処理の推進
  3. 健全な産業廃棄物処理・リサイクルビジネスの発展

事業内容や取り組み状況に応じ、トップランナー的業者として認められる「産廃エキスパート(第一種評価基準適合業者)」、または業界の中核的役割を担う優良業者と認められる「産廃プロフェッショナル(第二種評価基準適合業者)」に認定されます。

産廃エキスパートにハチオウが認定されました

ハチオウは、制度の初年度である平成21年度に「産廃エキスパート」に認定されました。
このたび認定期間満了を迎え、更新申請をした結果、厳正な審査を経て「収集運搬業(積替え保管を含む)」「専門性・収集運搬業(積替え保管を含む)」「専門性・中間処理業」「中間処理業」の4区分で平成23年度も「産廃エキスパート」に再認定されました。

制度について詳しくはこちらをごらんください。

認定
第一種評価基準適合業者
専門性評価基準適合業者
業の区分
収集運搬業(積替え保管を含む)
認定番号
4-17-B0043S
有効期間
2018~2020年度
認定
第一種評価基準適合業者
専門性評価基準適合業者
業の区分
中間処理業
認定番号
4-7-C0055S
有効期間
2018~2020年度

I-Method優良性認証

ハチオウは、I-Method による優良産廃処理業者の優良審査の第一号認証業者です。

I-Methodは、石渡正佳氏が独自に開発した産廃処理業者経営診断法です。
石渡氏は千葉県「産廃Gメン」の創設に関わり、『産廃コネクション』(WAVE出版)や『産廃ビジネスの経営学』 (筑摩書房)などの著者としても知られています。

ハチオウは所定の審査を経て、平成22年5月にI-Methodの第一号認証業者となりました。
詳しい認証内容はこちらでご覧いただけます

認証経過
認証回数認証期日認証番号
1回平成22年5月22日IM-D003177-S-01
2回平成22年8月8日IM-D003177-S-02

I-Methodについて

リーマンショック以降、産廃処理を取り巻く環境が激変する中で、以下の目的でI-Methodは開発されました。

  • 組織的不法投棄の復活を未然に食い止める
  • 産廃処理業者の優良化を支援する
  • 業界構造の健全化をはかる

自治体が実施している認定を、公開情報に基づいて客観的に検証することにより、環境省と自治体の認定事業の正常な発展を支援することも意図しています。I-Methodについての詳細はI-Method Forum 石渡メソッド自由会議をご覧ください。

Page top